梅雨時期やこれから夏に向けて

皆様、梅雨時期の体調管理は大丈夫でしょうか?
気温の変化や気候の変化、又はお仕事等の環境の変化でお疲れではないでしょうか

梅雨時期につれ、下記のような症状で酸素ルームをご利用する方が増えております。

  • 体がだるい日が多い
  • 目が疲れやすい
  • 頭痛がしばしば起きる
  • 肩がこる
  • すぐ疲れる
  • よく寝たのにすぐ眠くなる
  • 疲れがとれにくい
  • 怪我が治りにくくなった
  • 体力がおちてきた気がする
  • お酒が翌日に残るようになった
  • 寝つき寝起きが悪い
  • 体が冷えやすい

皆様も思い当たる項目はありませんか?

※早めにカラダのケアをしてあげることにより、心も充実し、より良い毎日が過ごせると思います。

梅雨の時期には梅雨前線が日本付近に停滞し、その前線上を低気圧が通過します。低気圧は上昇気流を起こし、地表から空気を上空へ巻き上げます。その結果、酸素濃度が薄くなり、体全体に取り入れられる酸素量も減少します。
吸収する酸素の量が減ると血流が悪くなるので体全体がだるくなったり、脳の働きが鈍化して眠気を起こします。また、湿度が高いとストレスが増すため、そこから疲れがたまり眠くなるということも考えられます。

◆自律神経を整えてくれる効果も!!

高温多湿な状態では、人間は汗をかいたり、血管を広げたりして、体温を身体の外へ逃がそうとします。
その働きは自律神経が担っているのですが、負荷がかかりすぎて神経が乱れ始めると体温調整が出来ず全身の倦怠感、食欲不振などのいわゆる【夏バテ】が出てきます。
また、この体温調整や血管の働きには、細胞のエネルギー源である酸素が多量に使用されます。
その際、副産物として排出されるのが活性酸素なのですが、これが溜まり過ぎると細胞を傷つけるようになってしまい、疲れやすい身体になるのです。
夏バテの改善には、十分な休息を取ったり、ビタミン補給や水分補給などが効果的。また自律神経を整える濃度の高い酸素を吸入できる、酸素ルームの使用は効果的です。
酸素ルームは、脳のストレスを緩和し自律神経を整えるばかりか、高気圧の採用で体内に活性水素を発生させます。
これにより、活性酸素を排除する効果もあります。適度に酸素を吸収することで、倦怠感を覚えやすい夏の時期にはかなりの効果が期待できます。
一方、体臭の原因は、増えすぎてしまった酸素分子が脂質から電子を奪い、奪われた脂質は他の脂質の電子をうばっていくというプロセスを端に発します。中途半端な電子同士が、さらに個々を安定させるための他の電子を奪うことが臭いの素となり、気になる体臭の原因になるのです。
改善・予防方法としては、先述した酸素ルームの使用や活性酸素を抑制すること、ストレスを溜め込まないようにする事などが挙げられます。